常磐道・ならはスマートIC開通式に参加


3月21日(木)、私は福島県楢葉町の常磐自動車道に新設されたならはスマートインターチェンジ(IC)開通式に出席し、挨拶しました。

ならはスマートICは、広野(広野町)~常磐富岡(富岡町)IC間にある、ならはパーキングエリアに併設されるICで、自動料金収受システム(ETC)搭載車が24時間利用できます。

当日の式典には、松本幸英楢葉町長をはじめ、80人余りが出席。町長は「新しい交流が生まれ、人々の縁が一層深まることを願う」とあいさつしました。

私は、「楢葉町役場からも近く、震災復興や交流人口の拡大が大いに期待できる。我々も被災者の皆様お一人おひとりに寄り添って、復興の完遂を成し遂げる」と述べました。

スマートICは東日本高速道路と町が整備し、総事業費は約34億円。福島第1原発の廃炉や復興工事の関連車両による幹線道路の混雑緩和、医療機関への救急搬送時間の短縮なども見込まれます。

関連記事

  1. 「議員歳費を復興財源に」1人300万円削減で合意

  2. 「被災者支援、特別立法で」全国知事会から要請

  3. 「現場の声を復旧・復興に」被災地議員と合同会議

  4. 日本商工会議所から復旧・復興に関する要望

  5. 被災地、陸前高田の現状を視察

  6. かさ上げ道路「仙台市・東部復興道路」の開通式に参加