寄り添い続ける支援を ~与党、首相に第7次提言


7月27日(金)、自民、公明の与党両党の東日本大震災復興加速化本部は、首相官邸で安倍晋三首相に、震災と東京電力福島第1原発事故からの復興に向けた第7次提言を手渡しました。公明党から、復興加速化本部長として私と同事務局長の高木陽介衆院議員が出席しました。

私は、岩手、宮城、福島の被災3県を公明党が3~4月に調査したことを力説。被災者が「心の復興」「人間の復興」を果たすまで「寄り添い続けるのが大事だ」と訴えました。

安倍首相は「被災地の皆さんが安心して復興に取り組めるよう、全力を尽くしていきたい」と応じました。

提言では、2020年度末までの「復興・創生期間」が残り2年半余となったことを踏まえ、復興事業を全力で進めるよう主張。20年度末に設置期限を迎える復興庁の後継組織を巡り「残る課題に対応するための体制および必要な事業の確実な実施について、検討を始めるべき時期」とし、防災対策を担う危機管理体制を含め早急な検討を促しました。

原子力災害からの再生に向けては、国が前面に立って取り組み、創生期間を越えて継続する事業への支援を要請。福島県大熊、双葉両町に残る居住制限区域と避難指示解除準備区域について、遅くても19年度末までの解除を明示しました。帰還困難区域に関しても、特定復興再生拠点区域(復興拠点)の整備を着実に進め、解除の実現に向けた道筋を示すことを盛り込みました。

なりわい再生では、公明党が主導する福島イノベーション・コースト構想を軸に、「新たな産業集積の動きを点から面に拡大する」と明記し、進出企業と地元企業のマッチングを求めました。

第1原発でたまり続ける汚染水を浄化した後に残る放射性物質トリチウムの処理に関して「問題を先送りせず、関係者の理解を丁寧に進め、遅滞なく解決策を見いだす」ことを提起しました。

被災者の見守りや心のケアについては「今後の支援のあり方の具体化のため、地域の実情をきめ細かく把握」するよう要望しました。

関連記事

  1. 岩手・大船渡市 沿岸漁業者と復旧・復興について意見交換

  2. 記者会見で喫緊課題について見解

  3. 「汚染水対策に万全期せ」福島第1原発を視察

  4. 津波防ぐ体制を整備 ~阿武隈川河口部復旧事業完成式に出席

  5. 復興拠点へ支援手厚く ~福島・双葉町長から要望受ける

  6. 「原発」が避難生活直撃 福島・相馬、南相馬を調査