宮城・気仙沼大島大橋が開通 記念式典に参加


4月7日(日)、宮城県気仙沼市の離島・大島と本土を結ぶ気仙沼大島大橋(全長356メートル)の開通式に出席し、祝辞を述べました。

大島は面積8.50平方キロメートル、2447人(2月末現在)が暮らす東北最大の有人島。東日本大震災の発災直後には、島と本土を往復する定期船が運航不能になり、島は孤立状態になりました。

こうした経緯から、架橋事業は「復興のシンボル」に位置付けられ、島民の利便性向上や島内観光の振興、緊急輸送路としての役割が期待されている。本土側の県道を経由して、国が復興道路として整備している三陸沿岸道路とつなげる計画も進んでいます。

席上、私は「発災直後の街の惨状を思えば、大橋の開通は本当に感無量だ」と強調。「“命の橋”として、観光交流など地域発展の大きな力となってほしい」と期待を込めました。

菅原茂市長は、「島民の50年来の悲願が実現した。風光明媚な大島がさらに魅力ある地域となるよう努めたい」と語りました。

関連記事

  1. 福島第1原発を視察

  2. 「復興加速の概算要求に」党合同会議

  3. 原発事故風評被害対策で田中文科相と東電に要請

  4. 日本商工会議所から復旧・復興に関する要望

  5. 青森県八戸市・防波堤の復旧状況を視察

  6. 震災5年「今の声」聞く ~仮設、災害公営住宅の住民アンケート開始