国が責任ある対応を ~処理水巡り公明に福島県知事


6月8日(火)、私と、竹内譲政務調査会長は、衆院第2議員会館で内堀雅雄・福島県知事から東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興・創生に向けた要望を受けました。浜田昌良、若松謙維の両参院議員が同席しました。

内堀知事は、福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含んだ処理水を海洋放出する政府方針について、「県民、国民の理解が十分に得られているとは言えない状況だ」と強調。国が責任を持って関係者に対する説明や正確な情報発信、万全な風評対策に力を尽くすよう要請しました。また、帰還困難区域内で避難指示解除の見通しが立っていない地域の解除方針を早急に示すことも求めました。

私は、「引き続きしっかり取り組む」と応じ、今夏に与党で取りまとめる予定の復興加速化に向けた提言に要望を反映させていくと伝えました。

関連記事

  1. 創生期間後の支援も ~福島・浜通り地域で現地調査

  2. 「議員歳費を復興財源に」1人300万円削減で合意

  3. 宮城・女川町 被災住民を激励、要望聞く

  4. 「屋内退避者の生活守れ」党中央幹事会

  5. 風化・風評と闘う ~党復興加速化本部、創造的復興へ向け

  6. 宮城・石巻市で地場産業の課題調査