三陸道・気仙沼中央-気仙沼港開通 ~記念式典に参加


2月24日(月)、私は宮城県・気仙沼市で開通した、三陸沿岸道路(三陸道)・気仙沼中央インターチェンジ(IC)~気仙沼港ICの開通記念式典に参加、あいさつしました。

挨拶の中で私は、一日も早い全線開通への意気込みを述べました。その上で、「いかなる災害が起きても、強い意志とそれを持続できる力があれば、必ず復興できる」「このことを、日本全国、世界、そして後世に伝えていくのが、重要な使命である」と述べました。

三陸沿岸道は、東日本大震災の復興道路として国が整備を進めており、2020年度内の全線開通を目指しています。今回で全長359kmのうち263kmが開通しました。

関連記事

  1. 連合会長と震災対応などで意見交換

  2. 3・11大震災7年 風化、風評と闘い抜く

  3. 「福島復興を着実に」党合同会議

  4. 被災地へ 被害状況の現地調査

  5. 残る復興課題に力注ぐ ~党加速化本部 8次提言へ議論

  6. 「福島再生 前に進める」党復興会議