かさ上げ道路「仙台市・東部復興道路」の開通式に参加


11月30日(土)、仙台市が東日本大震災で被災した沿岸部に整備したかさ上げ道路「東部復興道路」が全線開通しました。若林区の震災遺構荒浜小で記念式典が開かれ、私もこれに出席。住民や工事関係者らが開通を祝いました。

東部復興道路は、仙台市東部を海岸に沿う形の総延長10.2kmで、約6も盛り土をして堤防機能を持たせ、海岸防潮堤や仙台東部道路などとの多重防御で津波の威力を軽減役目を果たします。

記念式典で郡和子市長は「幾多の試練を乗り越えて全線開通を迎えた。津波から人々の命を守るまさに命の道、命の防波堤であり、震災と復興を後世に伝えるシンボルだ」と語りました。

開通後は、並走する旧県道塩釜亘理線が市道に変わり、復興道路の「側道」の役割を果たします。

関連記事

  1. 原発事故避難町村 臨時役場で現状調査

  2. 残る復興課題に力注ぐ ~党加速化本部 8次提言へ議論

  3. 宮城・石巻市の冠水地域を視察【東日本大震災】

  4. 生活再建、今が“正念場” ~党復興加速化本部会合であいさつ

  5. 福島第1原発事故・農畜産物の出荷制限などで意見交換

  6. 三陸沿岸の被災地へ 被災者救援に全力