「心の復興」へ支援継続を ~党加速化本部


7月12日(木)、私が本部長を務める、公明党の東日本大震災復興加速化本部は、衆院第1議員会館で会合を開き、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興に向けた与党の第7次提言案について議論しました。

私は、震災から7年4カ月が経過し、政府が定めた10年間の復興期間の期限まで残り2年半余りとなったことに言及。復興期間後を視野に「今後どういう形で復興策を継続し、被災者の心の復興を成し遂げていくか。こうした課題について近く7次提言を行いたい」と強調しました。

提言案は、党加速化本部が今年3~4月に岩手、宮城、福島の被災3県を調査した内容を反映しています。

原発事故の影響で福島県大熊、双葉両町に残る避難指示解除準備区域と居住制限区域について、遅くとも2019年度末までに解除する方針を示し、住民の帰還に向けてフォローアップ除染などを実施すると明記。帰還困難区域に関しても、将来的に全てを解除することを盛り込みました。

被災者の生活再建では、心のケアの充実に引き続き取り組むなどとしています。

関連記事

  1. 「港湾機能回復を迅速に」仙台港の被害状況を視察

  2. 「福島復興を着実に」党合同会議

  3. 帰還困難区域に復興拠点 ~与党が首相に第6次提言

  4. 「風評被害の打開策を」観光関係者と意見交換 宮城・大崎市

  5. 震災の経験を後世に ~復興加速へ調査活動

  6. 「原発」が避難生活直撃 福島・相馬、南相馬を調査