「復興拠点」整備手厚く ~党合同会議 来年度概算要求で議論

8月29日(火)、私が本部長を務める公明党の東日本大震災復興加速化本部と復興・防災部会(部会長=高木陽介衆院議員)、国土交通部会(部会長=赤羽一嘉)は、衆院第2議員会館で合同会議を開き、復興・防災に関する2019年度予算概算要求などについて関係府省庁から説明を受けました。

冒頭、私は、東京電力福島第1原発事故の対応拠点として活用され、一部施設の運営が7年4カ月ぶりに再開したサッカー施設「Jヴィレッジ」を26日に視察したことに言及。「今後は双葉郡再生の拠点としていかなければならない」と力説しました。

復興庁は、原発事故による帰還困難区域のうち、避難指示の先行解除をめざす特定復興再生拠点区域(復興拠点)について、予算を拡充する方針を表明。現地で本格化している除染作業や家屋解体を後押しするとしました。内閣府は、西日本豪雨を踏まえ、土砂災害や水害発生時の避難対策、防災を担う人材育成や避難訓練の充実に重点的に取り組む考えを示しました。

関連記事

  1. 「観光で東北を元気に」仙台市内の旅館関係者と意見交換

  2. 廃炉作業 着実に前進 ~東電福島第1原発の現況を視察

  3. 復興した姿に「感無量」 ~福島・Jヴィレッジを視察

  4. 創生期間後の支援も ~福島・浜通り地域で現地調査

  5. 「教育現場の復興に全力」宮城県内の学校関係者と意見交換

  6. 内閣府に防災の司令塔 ~復興庁後継組織に関して見解