「復興拠点」整備に力注ぐ ~党加速化本部の会合を開催


5月16日(水)、私が本部長を務める、公明党東日本大震災復興加速化本部は、衆院第2議員会館で会合を開き、東京電力福島第1原発事故で立ち入りが制限されている帰還困難区域で再び生活できるようにする特定復興再生拠点区域(復興拠点)の整備状況について政府から説明を聞きました。

席上、浜田昌良復興副大臣(公明党)は、4月20日に飯舘村、今月11日に葛尾村の復興拠点の整備計画を政府として、それぞれ認定したことを報告。復興拠点を設置する方針の6町村の計画が出そろったと力説しました。

復興庁の担当者は、居住可能になる面積が帰還困難区域全体の約8%になるとし、各町村では順次、住宅の解体や除染が始まっていると述べました。

私は「故郷を取り戻したいとの思いが復興拠点という形で結実した。これをどう実現し、拡大していくかが課題だ」と指摘。党加速化本部として3月から4月に被災3県を調査したことに触れ、「コミュニティーの再生など、ソフト面の課題解決に力を尽くす」と強調しました。

関連記事

  1. 「自公作業チーム設置へ」福島第1の汚染水問題

  2. 被災地、陸前高田の現状を視察

  3. 「福島復興を着実に」党合同会議

  4. 「心の復興」へ支援継続を ~党加速化本部

  5. 復旧・復興への課題について岩手・陸前高田市長と意見交換

  6. 震災の経験を後世に ~復興加速へ調査活動