生活者目線で経済再生
地方創生を前進

庶民の切実な声に耳を傾け
政策を実現していく

現場の声を受け止め、復興を前に進めたい

Profile

プロフィール

News letter

ニュースレター

Reconstruction

東日本大震災 復興への取り組み

景気回復を確たるものにして
国民生活の安定と向上を図るために

ごあいさつGreeting

 健やかな2020年の新春を心よりお慶び申し上げます。
 平素より私の政治活動に温かいご理解と力強いご支援を賜り、大変に有難うございます。昨年行われた統一地方選挙、参議院議員選挙そして東北復興選挙では、ひとかたならぬご支援をいただき、改めて心より感謝申し上げます。

 昨年は台風19号など各地で大きな災害がありました。被災された皆様に改めてお見舞い申し上げるとともに、復旧、復興そして防災・減災へ決意を新たにしています。
 第200回臨時国会は10/4から12/9まで開催され、公明党が主導した教職員給与特措法など16本の閣法とハンセン病家族補償法など8本の議員立法も成立、一定の成果を収めることができました。反面、2閣僚が辞任、総理主催の「桜を見る会」など、国民の不信を招く事態が相次ぎ、与党として不断に緩みや驕りを排し、襟を正していかなければならないと猛省しました。
 国の内外に課題が山積しています。英国のEU離脱や米中の貿易摩擦など不安定な国際社会の中で、日本がどうリーダーシップを発揮するか。また北朝鮮問題や日韓関係改善の糸口をどう見出すか。国内にあっては、少子高齢・人口減社会に対応する経済再生や全世代型社会保障制度をどう築いていくか。また、近年激化する自然災害に政治と社会はどう対応していくか等々。自公政権のもと政治の安定が図られている今、一つひとつの課題にスピード感をもって的確に対策を講じていかなければと決意を新たにしています。

 寒さ一段と厳しくなる折、御身体には呉々もご留意の上 ますますご活躍下さるよう心より祈念申し上げ、私の報告とさせていただきます。

令和二年1月1日

井上義久