生活者目線で経済再生
地方創生を前進

庶民の切実な声に耳を傾け
政策を実現していく

現場の声を受け止め、復興を前に進めたい

Profile

プロフィール

News letter

ニュースレター

Reconstruction

東日本大震災 復興への取り組み

景気回復を確たるものにして
国民生活の安定と向上を図るために

ごあいさつGreeting

 令和3年の新春を心よりお慶び申し上げます。

 新型コロナウイルス感染拡大の中での新年となってしまいました。
皆様方がこの一年 健やかに過ごされますよう、心よりご祈念申し上げます。
平素より、私の政治活動そして公明党に深いご理解と温かいご支援を賜り、大変に有難うございます。

 日本の感染拡大は、4~5月の第一波、7~8月の第二波、そして11月からの第三波と波状的に広がっています。爆発的な感染拡大となっている南北アメリカやヨーロッパ、インド西アジア等に比べて感染者・死亡者とも少なく抑えられてはいますが、予断を許さない状況です。感染拡大を抑え、医療崩壊を防ぐ一方、社会・経済活動を軌道にのせること、またワクチンの接種体制も早急に整える必要があります。

昨年8月末の安倍総理の辞任表明に伴い、自民党総裁選を経て、公明党と連立政権合意を交わし、菅義偉新内閣が発足しました。菅新総理は安倍政権の政策を継承するとともに、ポストコロナを見据えた「デジタル化」「グリーン化(脱炭素)」等を掲げ、12月には事業規模73.6兆円の総合経済対策を決定。第3次補正予算と令和3年度予算の15か月予算を組んで、コロナ禍の克服と日本経済の再生を期しています。

 公明党は9月の党大会で新体制を発足させると同時に、現状を「時代の分岐点」と定義した新ビジョンを策定、新たな党活動と実現すべき政策課題を掲げて出発しました。臨時国会の論戦や各部会等の精力的な提言・申し入れを通じて政策実現に取り組んでいます。
昨年後半期 私は、副代表として党大会の新ビジョン作成に関わったほか、東日本大震災復興加速化本部長として「第9次与党提言」を策定、また党税制調査会顧問として与党税制改正大綱の取りまとめにも力を尽くしました。

 本年は衆議院総選挙の年。私自身は世代交代を期して、勇退を決めていますが、総選挙の勝利を目指し、引き続き党勢拡大に全力で取り組む所存です。
皆様には、長年のご支援に心から感謝申し上げるとともに、今後とも公明党に変わらぬご支援を賜りますよう 改めてお願い申し上げます。

 いや増して寒さが厳しくなる折、御身体には呉々もご留意の上 ご活躍下さるよう心よりお祈り申し上げ、私の報告とさせていただきます。

令和3年1月1日

井上義久


活動ブログBlog

活動ブログ一覧を見る
  1. 公明が都政改革をリード ~伊藤氏の必勝訴え

  2. コロナ療養で郵便投票 ~特例法、都議選から適用へ、与野党が合意

  3. コロナ患者 郵便投票可能に ~特例法、今国会で成立めざす 

  4. 小さな声の実現が真骨頂 ~高倉氏の支援訴え

  5. 歳費返還へ法改正めざす ~国会議員の当選無効受け、公明案の策定、早期に

  6. 住民帰還へ道筋探る ~原発被災地 福島4町1村を調査

  7. 宮城・栗原市議選がスタート

  8. 漁業者らに説明尽くせ ~風評対策 具体化、安全性発信も

  9. 公明 日本赤十字社へ第14次義援金

  10. ズバリ聞きます! 「復興庁」の10年延長 ~公明新聞インタビュー

  11. 福島の創造的復興 探る ~党加速化本部が原発被災地へ

  12. 風化・風評と闘う ~党復興加速化本部、創造的復興へ向け

  13. 東日本大震災10年 進む復興 安全・安心のまちへ ~党加速化本部、宮城県沿岸部を視察

  14. 仙台東地区・災害復旧区画整理事業完工式に参加

  15. 命と暮らし 公明が守る ~新春街頭演説会に参加